防犯監視カメラで異常を携帯電話に転送

何か異常があった時に電子メールなどで情報を送ってくれる仕組みがいろいろあります。本当に緊急の場合などは携帯電話の方で知らせてくれますが軽い緊急情報などはメールなどで知らせてくれるようになっています。それを見ながら様子を確認することがあります。子供が塾に入ったときの情報、出たときの情報などを知らせてくれる場合があります。防犯監視カメラでも同様の仕組みがあります。異常があったときにメールを送ってくれて様子を知らせてくれます。インターネット上からその様子を見ることができます。その他写真に撮影してそれを見られるようにしてくれることがあります。単に知らせるだけでなく警備会社などに知らせてくれることもあります。またその情報を見て警備会社にいってもらうように指示を出すことができる仕組みもあります。緊急対応に適した仕組みです。

防犯監視カメラで動きがわかりにくいドーム型

天井にはいろいろなものがついています。照明器具であったり、スピーカーがあります。さらには火災を感知する仕組みが取り付けてあったりします。ある程度用途がわかるものばかりですが、場合によっては何に使うのかわからないものも付いていることがあります。真っ黒であればそれが何をしているのかわからないこともあります。実はこれが防犯監視カメラになっている場合があります。これはドーム型と呼ばれるタイプです。お椀をそのまま天井に取りつけたようになっています。真っ黒ですが、よく見ると赤いランプなどが見えうっすらとレンズも見えます。でも一目見ただけではわかりません。一箇所を撮影しているよりも適当に動いていろいろな場所を撮影しているのがわかります。知っている人にはわかりますが、わからない人にはカメラとわかられずに撮影ができます。

防犯監視カメラで人から見えないタイプ

ビルなどには緑を少し飾ることがあります。観葉植物など本物の植物を置くこともありますが、それ以外には作り物の緑を置くこともあります。作り物でも緑が見えるだけで心地よくなることがあります。通常は緑を見せるために置かれていますが、別の目的で置かれる場合があります。もちろんそのことは誰もわかりません。木や葉っぱ以外見えません。ここに防犯監視カメラが隠されることがあります。わざと人から見せないように設置されることがあります。植木鉢の部分、芝生の部分など様々です。非常に小さいタイプでいろいろなところに設置することができます。人の監視などを行うとき、あまりカメラが見えたままだと、その人たちが嫌がる場合がありますそのために見えにくいようにしています。注意としてはカメラの存在を伝えるかどうかです。防犯目的のためにつけることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*